ダンススタジアムから細かな動きを確認する

ダンスのセンスを磨くためには、自分自身と向き合う必要があります。
いくら完璧なパフォーマンスができたとしても、それはあくまで自分自身が納得しているだけです。
他の人がどんな部分に惹かれるかは、細かな部分まで気持ちを込めてこそ見えてくるもの。
その振り返りをするためにも、ダンススタジアムの作品が効果を発揮します。

細部まで力を込めてダンスを表現しているかは、プロの目にははっきりと見分けがつくもの。
素晴らしいポテンシャルを持ったダンサーは、誰でも観衆を飲み込むほどの魅力を持っています。
そこに近づくためにも、自分に足りないものを見つけましょう。
その気づきを丁寧に行っていくことで、ダンスの完成度はどこまでも成長を遂げるはず。

参考にしたいダンスの振り付けが見られるダンススタジアムの作品は、どれも本気のものばかり。
自分に足りない何かを見つけたいという時にも、別な視点から見つめることを行ってみましょう。
まだ届いていない境地が多いほど、ダンススタジアムの作品から学ぶものは多いはず。
それがやがてはレッスンの繰り返しによって、自分のスキルとして表現できる日が来るのです。
だからこそ、ダンサーは常に歩みを止めないのでしょう。